自動車保険を上手に見直そう!

自動車保険商品のパッケージについて

自動車保険商品のしくみ

自動車保険商品

任意保険は今まで見てきたように、一般的にはパッケージ商品になっています。このパッケージにはいくつかの種類があります。

1)自家用自動車総合保険( SAP=Special Automobile Policy )
SAPは対人・対物・自損事故・搭乗者障害・無保険車障害・車両保険の6種類の補償がセットになっていて、対人事故・対物事故共に示談交渉を保険会社が代行してくれるというパッケージ商品です。人身傷害保険には任意で加入できます。自家用普通乗用車・小型乗用車・軽四輪乗用車・小型貨物車・軽四輪貨物車の、5種類のみが契約できる、つまり主にマイカーを対象に、事故対応の大部分を専門家にお任せできるという商品です。

2)自動車総合保険( PAP = Package Automobile Policy )は、SAPほど手厚いサービスではなく、対人・対物・自損事故・無保険車障害・搭乗者障害の基本補償がセットになっていて、対人事故の示談交渉サービスはあるが対物事故の示談サービスは付いていません。PAPは営業用のトラックやバイクも含めてすべての自動車が加入できます。

3)一般自動車保険( BAP=Basic Automobile Policy )は、SAPやBAPのパッケージ販売とは異なり、個別の補償のバラ売りになっています。基本契約として対人賠償保険には必ず加入することになっています。示談交渉サービスは一切付いていません。その分保険料は割安になっています。
共有する
このエントリーをはてなブックマークに追加
サイト内検索
Web サイト内
follow me

Copyright (C)2018自動車保険を上手に見直そう!.All rights reserved.