自動車保険を上手に見直そう!

自賠責保険と任意保険の内容とは

自賠責保険と任意保険

自賠責保険とは

自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)とは、法律で定められた強制保険です。自賠責保険に加入していない車は行動を走行することはできないし。車検も通りません。自賠責保険は事故を起こした場合の被害者への賠償金が支払われます。その上限は、死亡の場合3000万円、けがの場合が120万円、後遺障害の場合は程度に応じて4000万円までです。加害者側の死傷に対する保障はありません。実際の交通事故で被害者に対して支払う賠償金はとてもこの金額には収まりません。また、加害者のけがや車に対しては保障されていません。そのため、自賠責保険の不足を補うのが任意保険です。

任意保険とは

運転者がどんなに交通ルールを守っていでも、交通事故の加害者になる可能性はゼロではありません。どんな優秀なドライバーも他人を死傷させる可能性があり、賠償金額は数億円にも上ることもあるのです。このため任意保険に加入します。任意保険は運転者の側に交通ルール違反などの過失があった場合でも原則として保険金が支払われます。このため万一交通事故の加害者になったときには、大いに反省べき局面ではありますが、経済的な補償については保険会社が支払ってくれるということ、また、被害者との交渉にも保険会社が仲介に入ってくれるということで一定の安心が得られます。

自動車の任意保険加入率は8割程度といわれますが、車を運転する者の責任として必ず入るべきものです。しかし最近は不況の影響などにより、任意保険の未加入者が増えているという残念な現状もあります。

スポンサー
共有する
このエントリーをはてなブックマークに追加
サイト内検索
Web サイト内

スポンサー
follow me

Copyright (C)2018自動車保険を上手に見直そう!.All rights reserved.